Home » 所有文章 » 國際消息 » 亞洲 » 同性婚を認める法案を、立憲民主党ら野党3党が提出

同性婚を認める法案を、立憲民主党ら野党3党が提出

同性婚を認める法案を、立憲民主党ら野党3党が提出

日本一直高度關注與報導台灣的婚姻平權運動,許多運動者和政治人物也跟伴盟有長期交流。很開心看到現在日本的在野黨提出了日本史上第一個婚姻平權法案!
司法(今年2/14起訴)、立法雙管齊下,加油!

(2019/6/3/HUFFPOST/編輯部)

立憲民主党、共産党、社民党は6月3日、法律で同性婚をできるよう民法の一部を改正する法案(婚姻平等法案)を衆議院に提出した。同性婚を求める法案は、日本では初めて。

現行法で婚姻は異性カップルにのみ認められており、同性のふたりは結婚できない。

婚姻平等法案は、個人がそれぞれの性的指向・性自認に基づいて望む相手と結婚できるよう求める。

法案のポイントは、下記の3つ。

1. 同性婚の法制化

2. 同性カップルが特別養子縁組やその他の養子縁組ができるようにする

3.「夫婦」「夫」「妻」を「婚姻の当事者」、「父母」「父」「母」を「親」にするなど、結婚や家族に関わる文言を性中立的なものに改正する

報導連結